NEWSニュース

ROBOT PAYMENT > ニュース > FinTechを活用した経営支援ツール「請求管理ロボ」を提供する ROBOT PAYMENTが“一般社団法人FinTech協会”に加盟
~支援者とプロバイダー双方の立場からFinTech業界発展に貢献~

FinTechを活用した経営支援ツール「請求管理ロボ」を提供する ROBOT PAYMENTが“一般社団法人FinTech協会”に加盟
~支援者とプロバイダー双方の立場からFinTech業界発展に貢献~2016.02.02プレス

継続請求管理クラウド「請求管理ロボ」を運営する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)は、 FinTech業界をリードするベンチャー企業を中心に2015年10月1日に発足した“一般社団法人FinTech協会”に加盟致しました。

ROBOT PAYMENTがFinTech協会に加盟する意義

ROBOT PAYMENTは決済代行サービスの経験を活かした、Fintech企業と伴にオープンイノベーションの促進する支援者的としての立場と、 自社で展開するFintech系経営支援ツールであるド「請求管理ロボ」の提供を通じ、 中小・中堅企業の “課金・集金業務プロセス(※1)” にイノベーションを起こすFintechサービスプロバイダーの双方向から同協会の目的達成に貢献して参りたいと考えております。

※1 課金・集金業務プロセスについて
Fintechを活用した業務イノベーションは、財務会計の領域で先行していますが、”請求・集金業務プロセス”においては、 多くの業務工程が属人化した手作業で行われているため、生産性が低くミスが発生しやすい状況になっていることが多く、 Fintechを活用が進んでいる会計業務に続いて今後イノベーションが起こると考えられております。

FinTech協会ついて

本協会は、国内外の関連諸団体、関係省庁等との情報交換や連携・協力のための活動を通じて、オープンイノベーションを促進させ、 FinTech市場の活性化および世界の金融業界における日本のプレゼンス向上に貢献することを目的に発足した協会となります。

一般社団法人FinTech協会 法人会員

一般社団法人FinTech協会 法人会員