NEWSニュース


ROBOT PAYMENT > ニュース > わずか3分の連携作業で有料セミナー受付フォームが構築可能に
~ ROBOT PAYMENTのクレジットカード決済サービスとパイプドビッツの「スパイラル®」が連携~

わずか3分の連携作業で有料セミナー受付フォームが構築可能に
~ ROBOT PAYMENTのクレジットカード決済サービスとパイプドビッツの「スパイラル®」が連携~2017.04.24プレス

株式会社ROBOT PAYMENT(東京都渋谷区、代表取締役 清久健也、以下「ROBOT PAYMENT」)と株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、 クレジットカード決済サービスと情報資産プラットフォーム「スパイラル®」が連携開始したことをお知らせいたします。 今回の連携により、プログラム知識がない方でも、クレジットカード決済が可能なWebフォームを簡単に構築することができます。

1.背景と目的 ~年会費の回収業務を効率化~

ROBOT PAYMENTは、年会費が発生する学会やファンクラブ、有料セミナーなどにおける、料金回収の効率化を実現するインターネット決済サービスを提供し、10,000社以上の豊富な導入実績を持っています。 「自動継続課金」と「会員・顧客管理」を強みに、安心安全な決済システムと使いやすい決済管理画面を提供し、お客様の売上アップに貢献しています。

通常、有料サービスの入会や有料セミナーの申込みにクレジットカード決済を導入する場合、申込みから審査、システムへの組込み期間を含めると、数週間~数カ月、最短でも3営業日を要します(※1)。 導入する際のコストや手間からクレジットカード決済の導入を見送り、銀行振込決済やコンビニ決済を導入する企業は数多く存在しています。 しかし、銀行振込決済では、入金額や名義の照会などで入金確認に膨大な時間がかかるほか、有料サービスの入会を検討する潜在層にとっては、振込の手間や手数料の負担を感じることとなり、新規会員獲得の機会損失に繋がります。

スパイラル®」は、データベースにひもづいたWebフォーム作成機能を持ち、これまでは専用のプログラムを構築することでクレジットカード決済画面に繋ぐことが可能でした。今回の連携により、 プログラム知識がない方でもコードを4行編集するだけで、ニーズの高いクレジットカード決済を素早く導入でき、販売機会の損失を防げます。 また、多彩なメール機能を持つ「スパイラル®」を併用すれば、サービス提供の充実が図れ、顧客満足度の向上と業務コストの削減が期待できます。

2.連携によるメリット

  1. (1)3分でクレジットカード決済サービスと連携可能

    プログラム知識がない方でも、わずか3分で決済に対応したWebフォームが作れます。「スパイラル®」とクレジットカード決済との連携部分は、コードを4行編集するだけで完了します。

  2. (2)会員サービスの充実とコスト削減を同時に実現

    ファンクラブ会員や有料セミナー申込者の情報は、メール配信機能と連動した「スパイラル®」のデータベースで管理されるため、案内メールの一斉配信ができます。 HTMLメールにも対応しているため、リッチなビジュアルでのコンテンツ配信もできます。また、振込用紙や会報誌などの郵送をメールに置き換えることができるため、郵送コストが抑えられます。 さらに、「自動継続課金」を強みとするROBOT PAYMENTのクレジットカード決済システムでは、毎月や毎週など定期的に作業が発生する継続課金手続きが完全自動で行えるため、解約率や退会率を下げることができ、決済担当者の業務負担を大幅に削減します。

詳細については、パイプドビッツの知見やサービス、ソリューションなどを解説・紹介する「見テ知ル」サイトにて紹介しておりますので、ご覧ください。

▼お役立ち情報 見テ知ル
URL: https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/